6月 1

男女のオーガズムの違い

ほとんどの男性はオーガズムと同時に射精するので、たいていの場合はオーガズムを得ることができるわけです。でも女性は、セックスのときにいつもオーガズムに達するとはかぎらないのですね。女性の場合、オーガズムに達することなく消退期を迎えてしまう人も多いようなんですよね。また男性のオーガズムである射精が一瞬のことなのに対し、女性の中にはオーガズムが長く続いたり、連続で何度もオーガズムに達する人もいるのです。オーガズムに達したあとも、男性は急速に快感がひいてしまう消退期になるが、女性はゆっくりと快感がひいていくようですよ。このようにセックス時の身体的変化を見ると、男性がワンパターンなのに対して女性はさまざまな変化を示すようです。そしてオーガズムというのは何もヒトだけでなくて、サルなどヒト以外の動物にもあることがわかっているようです。オーガズムに達しない女性がいるように、女性の場合はかならずしも必要なものではないとも言われているようです。男性のオーガズムは、射精のために必要であるわけですよね。でも女性の場合はオーガズムがなくても受胎することができることからもわかるように、オーガズムはかならずしも必要ではないようですね。熟女が出会い系サイトでセックスパートナーを探すというケースが結構増えているようです。熟女というのがどの年齢を指すのかということは幅もあるでしょうが、ある程度年齢を重ねた女性のほうが性欲が増してくる、というのは事実のようですね。出会い系サイトを使っている熟女はオーガズムに飢えているということなのかもしれません。

4月 21

出会い系サイトを使ってお相手を探し続ける

思春期になると誰もが性欲を感じるようになるわけです。性欲というのは、異性などと触れ合ったり、セックスしたいという欲求のことですよね。性欲は子孫を残すための大切な本能であるわけです。ヒト以外の動物では、視床下部と大脳辺縁系(動物の脳といわれています)という本能的な脳が、性欲をコントロールしているようですね。ヒトの場合は、まず性的な刺激を外から受けると、それが大脳新皮質へ伝わるわけです。大脳新皮質とは高等な動物ほど発達している新しい脳と呼ばれていますよね。大脳新皮質が性的興奮を感じると、それが視床下部や大脳辺縁系へ伝わって性欲を感じるようになると言われています。そしてたとえ性欲を感じても、性的な行動を起こすかどうかは大脳新皮質が判断するわけですね。これがほかの動物ともっとも異なる点ですね。ヒトは、性欲を大脳新皮質でコントロールしているわけです。その結果、ヒトは性行為を楽しむことができるようになったわけですね。性的な触れ合いを通じて関係を深めることができるようになったのですね。例え結婚しても出会い系サイトなどを使ってお相手を探し続けるというような行動が一般的になってくるわけです。ただそのような出会い系サイトも、今では悪質なものが幅を利かせているようなので注意が必要だと言われています。完全無料出会い系サイトは使える?というような質問がネット上でも氾濫していますが、実際には使えるところはほとんどないようですね。悪質なサイトには引っかからないようにしたいものですね。

12月 26

ホルモンの分泌量

分泌される性ホルモンの違いというだけでなく、ホルモンの分泌量が周期的に変化するということが、男女の違いを大きく決定づけているようですね。女性の脳の大きさは男性の9割前後と言われています。しかし、それが女性のほうが賢くない、というわけではないのですよね。古皮質を含む大脳辺縁系は記憶や性行動に関係する部分であり、男女による性差が存在しているようです。新しい記憶というのは一度海馬に定着し整理整頓された後に古い記憶として大脳皮質に保存されるのですね。左右にひとつずつあり、右側は女性のほうが大きいことがわかっているようです。海馬は女性ホルモンを受け止める受容体の多いところでもあるようです。女性ホルモンのエストロジェンの影響によって神経細胞突起が増加し、ニューロン接続が増加して記憶が定着していくようです。 Continue reading

12月 6

排卵した瞬間は女性に分かる?

排卵というのは、左右どちらかの卵巣から1つの卵子が放出されることになるわけですが、男性の射精と違ってその感覚はほとんどないと言われています。排卵した瞬間ってどんなときだと思いますか?という問いに対して、わからないと答える女性がほとんどのようです。ただ人によっては排卵痛といって、排卵時に痛みを感じる場合もあるようなんです。ただ、そういったケースは多くはなく、一般的には排卵自体の感覚はほとんどないといわれます。多くの女性は排卵期を別な体の変化で感じとっているようです。排卵期になると、ふだんよりもアソコがヌルヌルしてくるのです。排卵期の近くになると、卵胞ホルモンであるエストロジェンの量がピークになるわけですね。 Continue reading

11月 15

女性が苦痛を感じる

ペニスは男性の象徴であるため、ペニスの大きさにこだわる男性というのは本当に多いですよね。これはペニスの大きさが男らしさを連想させたり、大きいほうが女性にもてるという意識からきているのでしょう。でもそれは全くの謝った意識であることは間違いないでしょうが。ペニスというのは体内受精をするために発達したものですよね。そのためには子宮にできるだけ近い場所で射精したほうが有利であることはまちがいのないことです。日本人男性の勃起したペニスの平均的な長さは13センチ程度と言われているようです。ペニスの太さは周囲約11センチ程度、直径3.5センチ程度というような調査結果があるようです。 Continue reading

11月 13

不確定的なことで性別が決まる

生物の中には、あいまいな不確定的なことで性別が決まってしまうものもいるようですね。人間のように性染色体の組み合わせによって性別が決まるのではなく、産まれるときの環境の影響で性別が決定するというわけです。ワニやトカゲ、カメなどには、卵が鮮化するときの気温によって性別が決まるものがいるようなんです。ワニやトカゲの多くは、卵が孵化するときの温度が高いとオスになり、低いとメスになるようですよ。逆にカメの多くは、卵が孵化するときの温度が高いとメスになり、低いとオスになるようなんです。このように孵化するときの気温によって性別が決まるというのはいったい何故なんでしょうか。ワニの場合は、繁殖期にはオス同士が争ってメスを獲得するために、より大きなオスが有利になるわけです。 Continue reading

10月 31

生命の神秘

Y染色体にはSRYと呼ばれるヒ卜を男性にするための遺伝子があるようなんですね。ただ、Y染色体というのはヒトを男性にするためのいちばん最初のスイッチにすぎず、これだけで男性になるとはかぎらないようです。ヒトを始めとするほ乳類では、女性の体が基本となって性分化が起こるようになっているということのようです。重要なのが男性ホルモンなのです。受精卵は受精後6週目くらいまではまだ性別がないようなんです。この段階ではまだ男女どちらにもなることができるわけですね。このころに、睾丸や卵巣のもとになる生殖腺が発達してくるのです。受精卵の性染色体の組み合わせがXYであった場合に、受精後7週間目以降に、Y染色体が活動を始めて、生殖腺を睾丸へ分化させるということのようです。 Continue reading

10月 6

男女の性別という不思議

女性の内性器には、膣、子宮、卵巣、卵管などがあるわけです。膣はセックスのときにペニスを受け入れる部分です。そして月経の際には経血の出口になり、出産のときには赤ちゃんの産道となるわけですね。左右に2つある卵巣から毎月交互に卵子をlつずつ排卵し、精子とうまく受精することのできた受精卵は、卵管を通って子宮に着床することになります。そしてその後は、子宮は赤ちゃんを育てるまさにベッドのような役目をする場所となるわけですね。男女の性別というのは、精子と卵子が受精したときの染色体の組み合わせによって決まるわけです。染色体とは遺伝子の集合体のことで、ヒトには全部で46本の染色体があるようです。そのうちの2本を性染色体といって、性染色体にはX染色体とY染色体の2種類があるのですね。 Continue reading

10月 5

心の性別

女性ホルモンのエストロゲンというには、健康に大きな影響を与えることがわかってきたようです。男女には内面的な違いもかなりありますよね。これは脳の性差によるもの、心の性別と呼ばれたりもしますよね。脳の性差も、胎児の時期に分泌される性ホルモンの影響により、男の脳や女の脳になると考えられているのですね。また男女の大きな違いは性器に現れるわけですが、身体の表側にある性器を外性器、身体の内側にある性器を内性器というらしいです。男性の外性器は、ぺニスと陰のうです。陰のうとは、睾丸が入っている、いわゆるキンタマ袋のことですよね。ペニスも陰のうも身体の外にでる形をしていますよね。 Continue reading