10月 31

生命の神秘

Y染色体にはSRYと呼ばれるヒ卜を男性にするための遺伝子があるようなんですね。ただ、Y染色体というのはヒトを男性にするためのいちばん最初のスイッチにすぎず、これだけで男性になるとはかぎらないようです。ヒトを始めとするほ乳類では、女性の体が基本となって性分化が起こるようになっているということのようです。重要なのが男性ホルモンなのです。受精卵は受精後6週目くらいまではまだ性別がないようなんです。この段階ではまだ男女どちらにもなることができるわけですね。このころに、睾丸や卵巣のもとになる生殖腺が発達してくるのです。受精卵の性染色体の組み合わせがXYであった場合に、受精後7週間目以降に、Y染色体が活動を始めて、生殖腺を睾丸へ分化させるということのようです。 Continue reading

10月 6

男女の性別という不思議

女性の内性器には、膣、子宮、卵巣、卵管などがあるわけです。膣はセックスのときにペニスを受け入れる部分です。そして月経の際には経血の出口になり、出産のときには赤ちゃんの産道となるわけですね。左右に2つある卵巣から毎月交互に卵子をlつずつ排卵し、精子とうまく受精することのできた受精卵は、卵管を通って子宮に着床することになります。そしてその後は、子宮は赤ちゃんを育てるまさにベッドのような役目をする場所となるわけですね。男女の性別というのは、精子と卵子が受精したときの染色体の組み合わせによって決まるわけです。染色体とは遺伝子の集合体のことで、ヒトには全部で46本の染色体があるようです。そのうちの2本を性染色体といって、性染色体にはX染色体とY染色体の2種類があるのですね。 Continue reading

10月 5

心の性別

女性ホルモンのエストロゲンというには、健康に大きな影響を与えることがわかってきたようです。男女には内面的な違いもかなりありますよね。これは脳の性差によるもの、心の性別と呼ばれたりもしますよね。脳の性差も、胎児の時期に分泌される性ホルモンの影響により、男の脳や女の脳になると考えられているのですね。また男女の大きな違いは性器に現れるわけですが、身体の表側にある性器を外性器、身体の内側にある性器を内性器というらしいです。男性の外性器は、ぺニスと陰のうです。陰のうとは、睾丸が入っている、いわゆるキンタマ袋のことですよね。ペニスも陰のうも身体の外にでる形をしていますよね。 Continue reading