11月 17

女性が感情的になると

男性ホルモンの受容体が多いと言われているのが扇桃体で、扇桃体は強い刺激に反応して、大好き、大嫌いなどの感情や情動を作り出す場所なんですね。刺激を受けると、男性の場合は右側の扇桃体がおもに働き、女性の場合は逆に左側が働くと言われています。この違いは、感情的なできごとがあった場合、男性はその概略を記憶していることが多いのに対し、女性は詳細を覚えている傾向がある、という男女差に関係していると考えられるわけですね。このような扇桃体の働きの違いについては、男性にくらべて女性が急激なストレスに対して弱いことが分かるわけですね。女性ホルモンのエストロジェンは、ストレスによるダメージから神経細胞を守る働きもしているので、ストレスが慢性化すればするほど耐性は男女逆転してくるということのようなんですね。 Continue reading

Category: 感情 | LEAVE A COMMENT
11月 15

女性が苦痛を感じる

ペニスは男性の象徴であるため、ペニスの大きさにこだわる男性というのは本当に多いですよね。これはペニスの大きさが男らしさを連想させたり、大きいほうが女性にもてるという意識からきているのでしょう。でもそれは全くの謝った意識であることは間違いないでしょうが。ペニスというのは体内受精をするために発達したものですよね。そのためには子宮にできるだけ近い場所で射精したほうが有利であることはまちがいのないことです。日本人男性の勃起したペニスの平均的な長さは13センチ程度と言われているようです。ペニスの太さは周囲約11センチ程度、直径3.5センチ程度というような調査結果があるようです。 Continue reading

11月 13

不確定的なことで性別が決まる

生物の中には、あいまいな不確定的なことで性別が決まってしまうものもいるようですね。人間のように性染色体の組み合わせによって性別が決まるのではなく、産まれるときの環境の影響で性別が決定するというわけです。ワニやトカゲ、カメなどには、卵が鮮化するときの気温によって性別が決まるものがいるようなんです。ワニやトカゲの多くは、卵が孵化するときの温度が高いとオスになり、低いとメスになるようですよ。逆にカメの多くは、卵が孵化するときの温度が高いとメスになり、低いとオスになるようなんです。このように孵化するときの気温によって性別が決まるというのはいったい何故なんでしょうか。ワニの場合は、繁殖期にはオス同士が争ってメスを獲得するために、より大きなオスが有利になるわけです。 Continue reading